ドクター
医者と看護師と患者

保険適用外の治療も行う

港区の皮膚科では、水虫やじんましん、イボなどの一般診療はもちろん、皮膚のたるみやしみ、そばかす、ニキビ跡に悩んでいる人には、保険適用外の美容皮膚科の診療も行っています。小さなお子様から、高齢者まで通院がしやすい雰囲気が特徴です。

足

気づいていない人もいます

爪水虫は白癬菌というカビの仲間が爪に感染したもので、通常の水虫と原因は同じです。ですが、爪水虫はかゆみが出ないため、気づかなかったり、気づいていても放置されてしまう事が多く、さらなる感染の原因にもなっています。

病院

皮膚のトラブルを解決

働きながら肌のトラブルを解決したいビジネスマンにとって目黒の皮膚科は夜間診療を行っており、また駅の近くにも開院されているため重要性が高いものです。肌から受ける印象が良いとビジネスにおいても利点が多いため皮膚科という存在は欠かせません。

効果的なプラセンタ注射

ウーマン

医療用プラセンタの働き

プラセンタ注射は健康や美容やダイエットなど、様々な症状に効果がある優秀な注射です。大阪では、美肌やアンチエイジングのためにプラセンタ注射をしている女性が増えています。プラセンタ注射は最近よく聞くようになりましたが、医療現場では60年以上の長い歴史があります。プラセンタ注射はれっきとした医療行為なので、できるのは医療機関だけです。大阪なら大阪の美容皮膚科や婦人科や更年期外来等でプラセンタ注射を受けることができます。医療用プラセンタで使っているのは、人間由来の胎盤です。日本国内で正常分娩した安全な胎盤を使っています。胎盤にはミネラルを始めとして、ビタミンや3大栄養素、成長因子などの栄養が豊富です。それらの栄養をいちどに体に取り入れることができるのが、プラセンタ注射の魅力です。女性ホルモンのバランスを整える効果もあるので、更年期障害の予防や緩和にも効果的です。大阪の更年期障害の治療をしている医療機関に行けば、大抵プラセンタ注射をしてくれます。更年期障害の治療は保険適用なので、プラセンタ注射は一回500円程度です。美肌目的の場合は自由診療になりますが、大阪の安いクリニックなら1,500円くらいで受けることができます。プラセンタ注射は1週間に1回、2ヶ月くらい続けるのが理想的です。そして効果が出てきたら徐々に回数を減らしていきます。アンチエイジング目的なら1ヶ月に3回すればしわ予防になります。