看護師
  1. ホーム
  2. 気づいていない人もいます

気づいていない人もいます

足

病院に行きましょう

爪水虫は通常の水虫と同様に白癬菌というカビの仲間である真菌が爪に感染してしまっている疾患で、手にも足にも感染する可能性はありますが、群れやすい足の爪に発生するパターンが圧倒的多数になります。通常の水虫はかゆみを生じることも多いので自覚しやすいのですが、爪水虫は症状が出ないため気づかなかったり、そうかなと感じながらも放置してしまっている場合も多いといわれています。いくら不快な症状が出ないからと言って、自分の体のほかの部位や、他人にうつしてしまう可能性もありますし、悪化すると爪がボロボロになってしまう場合もあるので、きちんと治療していく事が大切になります。水虫の治療薬は市販品も数多く販売されていて、通常の水虫であれば市販薬できちんとケアすることで完治させることも十分可能ですが、残念ながら爪水虫はそういうわけにはいきません。その理由は、塗り薬では奥に入り込んでしまった白癬菌まで浸透させることが出来ないためで、基本的には病院で処方される飲み薬での治療になります。爪水虫の内服治療も、今ある爪がすべて入れ替わるまで続けることが基本になるため、およそ半年程度続けていくのが一般的です。完治するまでは白癬菌がまだいる状態になるため、一見良くなったように思えても治療を続けないと、バスマットなどから家族にうつしてしまったり、新しく生えてきた爪に感染してしまうというリスクは続いています。油断せずに最後まできちんと続けることがとても大切です。